MacでFlacを取り扱う為のメモ

この記事が完成することはいつもどおり当分来なかろうと思いつつ

ラブライブでハイレゾの音源が公開されたので自宅で活用しきれてなかったハイレゾ環境を活かすために購入してみました。

ランティス初のアニソン・ハイレゾ配信!音楽制作プロデューサーにスペシャル・インタヴュー - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

e-onkyoで配信される音源はラブライブといかランティスさんはwav形式で配信しているので、取り回しを考慮してflacで音源を管理するように移行することにしました。

もともとはiTunesでライブラリの管理を長年続けてきたのだけども、iTunesが重くなってきたのでSubsonicに移行、NASでファイルを一元管理するようになったので脱iTunes的にもちょうどよかった。

MacでFlac扱うのに良さそうだったツールは

音源のFlacへの変換及びCDの取り込み

X Lossless Decoder: Lossless audio decoder for Mac OS X

wavからのflacファイルへのエンコードも出来る、CDからダイレクトにflacへの変換もできそう

Flacファイルの編集

Tag from sbooth.org

flacファイルのタグ情報を修正できる。けどアルバムアートの登録は出来ないみたい。良さそうなツールを探す。

再生環境

Mac

Mac App Store - VOX

シンプルでよかった。

Subsonic

Subsonic » Free Music Streamer

自分でサーバを用意する必要はあるけど、手軽にいろんな環境で再生可能になる(設定によってはエンコードがかかるが)のでNASも兼ねて用意しておくと便利。 iPhone, Androidのクライアントアプリケーションも揃っているし、Browserでも再生可能

iPhoneとか

iTunes の App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 用 ONKYO HF Player

iPhoneに対応してUSB-DACを接続すればハイレゾに対応することが出来る。

まとめ

Windows環境であればfoobar2000があるから割りと手軽に揃うっぽいけど、なんかMacだと思ったほどまとまってなさそうな感じだった。有料アプリは試してない。

自分用メモ書きなので内容もすごく適当。もうちょっと環境整ったら別にまとめ直す。